TGG 結晶はファラデー回転子およびアイソレータに最適な磁気光学材料です

2023-06-20

共有:

ファラデー回転子は、ファラデー磁気光学効果に基づいた磁気光学デバイスの一種です。入射偏光の偏光方向を一定の角度で回転させることができますが、その回転方向は内部磁場にのみ関係し、光の通過方向とは関係がありません。ファラデー回転子の回転角は45°または90°になります。偏光子は2枚の板の上に45°で配置され、偏光子の間に光アイソレータが形成されます。光アイソレータは、光を一方向に伝送する磁気光学デバイスの一種です。レーザー増幅システム、モードロックレーザー、レーザー測定装置などに広く使用されています。

Chris Crystal が製造する TGG 結晶製品は、高いワイルド定数、高い消光比、低吸収、低損失が特徴です。ファラデー偏光子やアイソレータの製造に最適な磁気光学材料です。信頼性の高い絶縁と安定したパフォーマンスを実現できます。また、さまざまな開口、波長、パッケージサイズのアイソレータや偏光子をカスタマイズすることもできます。